このブログを初めて 3 年半ぐらい。リニューアル前から考えると 6 年半ぐらいここで細々とブログを書いていましたが、Scrapbox で続けることにした。

理由はいろいろあるのだけど、一つは Jekyll で書く今のスタイルは結構ハードルが高いということだ。Jekyll でブログを書く場合、

  • 画像を表示するまでに手間がかかる
  • Jekyll や Git のコマンドを入力するのが煩わしい

という要素がブログを書くのに結構高い障壁になっていた。これが Scrapbox の場合、

  • 画像は基本的に Gyazo を使うため、簡単に表示できる
  • Web ブラウザ上で直接書く

仕様のため、書く障壁が非常に低い。特に Gyazo を使って画像をドラッグアンドドロップするだけでアップロードできるのは、Qiita:Team を使っている時にも便利だと思っていて、ブログを書く時に欲しい機能だと感じていた。

また、Scrapbox の最大の特徴であるページ間のリンクが本当にすばらしい。文章の中の特定の単語をちょっとした記法で書くことで、それが他のページのリンクになるのだ。

例えば、このように池袋の「フルル」という店について簡単な文章を書いた。

https://gyazo.com/0450cef1a0ebdf7e80c47ade279f98ce

その文章に出てくる「池袋」「ラーメン」に、他のページのリンク (以下、内部リンクと呼ぶ) をつけた。すると、「池袋」や「ラーメン」という内部リンクをつけた別のエントリがこのように表示されるようになった。

https://gyazo.com/43e5b31817166b875abf79ffdb95eb6a

また、文章に出てこなかったが、同じカテゴリに分類したい「食べもの」「行きたい」という内部リンクもハッシュタグのように書くと、同じようにリンクがつながる。

https://gyazo.com/c964977b15b3759a26d8766882c520e2

これを繰り返すと何が起こるかというと、ページ同士が複雑にリンクして、記事の価値が高まるのだ。1 つ 1 つの記事では得られない知見が生まれたり、読んでいる人が関連する記事をすぐに発見することで、情報をより多く、より深く得ることができるようになるのだ。

この情報が繋がっていくシステムは本当にすばらしくて感動した。これまでのブログを一旦捨ててでも Scrapbox に移行すべきだと感じた。また、自分が知っていることを全部 Scrapbox に書いて、情報がどのようにつながるか見たいと思った。

なので、これまでのようにカッチリ文章を書くというより、雑だけど量を多く書いていくスタンスになっていくと思う。

これからは Scrapbox でお会いしましょう。また、Scrapbox を始めてみましょう。 https://scrapbox.io/minimalab/