XcodeのQuickLook使ってますか?

デバッグ中に対象の変数(オブジェクト)をQuickLookで確認する機能がXcode5から導入されています。

でも個人的にはほとんど使ったことがありませんでした。実機やiOSシミュレータ上で確認すれば事足りることが多かったので、わざわざブレークポイントでQuickLookで確認するのは意味があるのか?と思っていました。

そんな中、Xcode5.1からUIViewがQuickLookで確認できるようになり、しかもdebugQuickLookObjectで任意のオブジェクト(対応している種類のみ)を返却してQuickLookに表示することができるようになりました。これは便利!

個人的には、UIViewControllerを選択すると、UIVIewControllerが持つViewがQuickLookで表示されるようにするとよいと思います。 1 実装も数行ですし。


- (id)debugQuickLookObject
{
    return self.view;
}

こんな感じで表示されます。便利ですよね!

ほかにもデバッグ用のViewを生成して返したり、文字列を連結して返したりなど、色々使えそうですね。ますますデバッグが便利になりそうです。


  1. ただし、UIViewControllerのViewがロードされてからでないと確認できない。