今さら感がハンパないCocoaPodsの話です。

iOSアプリエンジニアをやっているにもかかわらずCocoaPodsを触ったことがないなんてありえないのですが、ありえるのです。比較的レガシーな環境で開発していますからね。 1 ライセンス的にも面倒なので、あまりライブラリは入れない方針ですし。

とはいっても、個人で使うぶんには外部ライブラリを使って楽したいですし、全くCocoaPodsについて知らないというのもよくないので、使ってみました。

ググれば他にいっぱいインストール方法は出てくるので、あまり意味はありませんが、備忘録ながらやったことをまとめたいと思います。

事前準備

Xcode Command Line Toolsのインストール

Command Line Toolsが必要となりますので、インストールします。インストール方法はググって調べてください。

Gemのアップデート

Gemを最新にしましょう。

sudo gem update --system

CocoaPodsのインストール

sudo gem install cocoapods

そのあと

pod setup

これだけ。pod setupを実行したときに、podがないといわれる時がありますが 2 その時は、以下のコマンドを実行します。

rbenv rehash

使いかた

Xcodeでプロジェクトを作成したあと、プロジェクトと同じフォルダにPodfileという名前のファイルを作成します。

そのファイルに、インストールするライブラリを記述します。

platform:ios, 7.0
pod 'SDWebImage'
pod 'Reachability'
pod 'TextExpander'
pod 'LKbadgeView'
pod 'SVProgressHUD'

Podfileの作成が終わったら、Podfileを置いたフォルダに移動し、以下のコマンドを実行します。

pod install

これでライブラリが自動的にインストールされます。インストールをする前に、Xcodeでプロジェクトを開いていたら、閉じたほうがいいと思います。

インストールが終わったら、同じフォルダにワークスペースファイル(xcworkspaceファイル)が作成されます。Xcodeで作成されたワークスペースファイルを開くと、元のプロジェクトと、Podsというプロジェクトが登録されている状態になります。

あとは、ライブラリのクラスを#importすれば、使うことができます。

参考

開発レシピ:Objective-Cのライブラリ管理ツール CocoaPods | iOS開発者@日本


  1. iOS4.3以上対応でやってます。当然MRRです。 

  2. 自分がインストールした時になりました。