ブログを再構築するにあたり、表示速度の高速化も図らないと、と思いキャッシュの設定をしてみました。

私が使っているさくらのレンタルサーバでは、mod_expires という Apache のモジュールでキャッシュの設定を行うことができます。実に簡単なので、サイトが重いなあと感じている人は、ぜひやってみてください。

設定方法

さくらのレンタルサーバで ssh でログインしたのち、キャッシュを設定したい一番上のディレクトリ 1 に移動します。

ディレクトリを移動したのち、好きなエディタ (vi とか emacs とか) を使って、.htaccess というファイルを作成します。ファイルに記載する内容は、下記のような感じで、ファイルタイプとキャッシュの期限を設定するかたちとなります。下記の内容は一例ですので、適切な設定をしてください。

ExpiresActive On
ExpiresByType images/gif "access plus 1 weeks"
ExpiresByType images/png "access plus 1 weeks"
ExpiresByType images/jpg "access plus 1 weeks"
ExpiresByType application/javascript "access plus 20 days"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 20 days"
ExpiresByType text/javascript "access plus 12 hours"

ファイルを保存すると、すぐに有効になります。有効になっているかどうかは、HTTP のヘッダを見るとわかります。

Google Chrome の場合、デベロッパーツールを開いて 2 、Network タブに表示されたファイルを選択します。選択したときに表示される Responce Header の項目に cache-control の内容が max-age=xxxxx (0 でない) のようになっていれば、設定が有効になっています。

あとは、Web ページの診断ツールなどで、警告が出ていないか、確認するといいと思います。


  1. www とか、www/blog とか 

  2. 右クリックして 要素の検証 を選択するか、ツールバーの 表示 -> 開発/管理 -> デベロッパーツール