Kindle (2014)が 3980 円という破格の値段 1 だったので、買ってしまいました。 用途が iPad mini とあまりにかぶるので、買うつもりはなかったのですが、この値段ならダメでも後悔しないだろうということで使ってみることにしました。

あたらしくリリースされる予定の Kindle Voyage と比べるとスペック的にはかなり落ちるのですが、リフロー型の書籍であればじゅうぶん使えると思います。E-Ink 端末は初めてだったのですが、予想以上に見やすくて目が疲れない印象です。ただ、解像度が低いため文字を小さくするとギザギザが目立ちます。ですので、少し大きめの表示にしたほうがいいと思います。

リフロー型の書籍はいいのですが、固定型の書籍は見られないと思ったほうがいいと思います。いちおう拡大して見るモードがあるのですが、1 ページを 4 分の 1 に分割するので非常に見づらいです。私はプログラム関連の書籍をメインで読むのですが、この種のものは固定型が多いので、少し辛いところがあります。あと、マンガは買っていないので、評価はできません。

iPad mini よりも軽く 2 、安っぽい外観なので、カバンにさくっと放り込むことができます。どうせ 3980 円なので、カバーは付けずに使おうと思います。

Kindle を買うと、オーナーズライブラリ (対象の書籍に限り、1 ヶ月に 1 冊無料で読むことができる) の恩恵を受けることができるので、3980 円ならじゅうぶんペイできそうです。


  1. 3980 円のキャンペーンは終了しています。 

  2. iPad mini Retina Wi-Fi モデル : 331g, Kindle (2014) : 191g