個別で使う Gem は Bundler でインストールするのが定番ですが、共通で使う Gem をどうやって管理するかずっと悩んでいました。毎回 Ruby をインストールするたびに gem install していて Ruby のバージョンごとに違う Gem が入っている状態になっていました。

rbenv-default-gems を使うと Ruby をインストールする時に自動的に指定した Gem をインストールしてくれるので、Gem の管理がすごく楽になりました。

インストールは Homebrew から。

$ brew install rbenv-default-gems

$HOME/.rbenv/default-gems に、導入したい Gem を書いていきます。私の場合、↓のような感じにしました。

bundler
pry
cocoapods
tmuxinator

あとは、Rbenv で Ruby をインストールすると、default-gems に書いた Gem が自動的にインストールされます。

$ rbenv install 2.1.2
Downloading ruby-2.1.2.tar.gz...
-> http://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/f22a6447811a81f3c808d1c2a5ce3b5f5f0955c68c9a749182feb425589e6635
Installing ruby-2.1.2...
Installed ruby-2.1.2 to /Users/***/.rbenv/versions/2.1.2

Fetching: bundler-1.9.9.gem (100%)
Successfully installed bundler-1.9.9
Parsing documentation for bundler-1.9.9
Installing ri documentation for bundler-1.9.9
Done installing documentation for bundler after 3 seconds
1 gem installed
Fetching: coderay-1.1.0.gem (100%)
Successfully installed coderay-1.1.0
Fetching: slop-3.6.0.gem (100%)
Successfully installed slop-3.6.0
Fetching: method_source-0.8.2.gem (100%)
Successfully installed method_source-0.8.2
Fetching: pry-0.10.1.gem (100%)
Successfully installed pry-0.10.1

(以下省略)

便利!